イタリアンに関する知識を基本からご紹介します

イタリアン入門

*

未分類

パスタの麺の種類と特徴

更新日:

イタリア人の主食はパスタです。毎日パスタで飽きないのかと不思議に思うかもしれませんが、全部でパスタの種類は約650種類もあると言われており、ソースもパスタごとにバリエーションがあるため、まったく飽きることはありません。なかでもとくに代表的なパスタを紹介します。

太さによる分類

パスタは大きく分けると、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表されるショートパスタの2種類の分類することができます。ロングパスタは、麺の太さによって呼び方が変わります。まず、スパゲッティは太さが約1.9mmで、ペスカトーレなどの魚介のソースに適しています。次にスパゲッティーニですが、これは太さが約1.6mmで、ポモドーロなどのシンプルなトマトソースに合います。太さが約1.4mmのパスタはフェデリーニと呼ばれ、ジェノバ地方の名物料理であるジェノベーゼやあっさりしたソースに向いています。一番細い麺は、直径約0.9mmのカッペリーニで、冷製パスタなどに使われます。ほかには平麺状のリングイネや、リングイネより太麺のタッリアッタレ、フェットチーネなどがあります。日本で有名なミートソースは、本場イタリアではボロネーゼと呼ばれ、正式なレシピではタリアッテレが使われています。

ショートパスタ

ショートパスタもさまざまな種類があります。まず、切り口が斜めのペンネですが、これはトマトソースで和えたローマの代表料理、ペンネ・アラビアータが有名です。イタリア語で「ちょうちょ」の意味のファルファッレは、その名の通り蝶のような形をしており、クリーム系のソースによく合います。大型で太く、縦に筋の入ったマカロニはリガトーニと呼ばれ、ミートソースなどの重めのソースに用いられます。そのほか貝殻の形をしたコンキリエ、らせん状の形のフジッリ、「耳たぶ」の意味を持つオレキエッテなどがあります。ほかにはじゃがいもと小麦粉を練り込んで作られたニョッキや、中にひき肉や野菜をなどの具を包んだラビオリやトルテリーニなどがあります。

特殊な形のパスタ

ロングでもショートでもない特殊なパスタとしては、卵の入った板状のラザーニャがあり、ミートソースとホワイトソースを何層にも重ねてチーズをのせてオーブンで焼いた料理に用いられることでよく知られています。

生パスタ

また、乾燥パスタとは別に生パスタと呼ばれるパスタもあります。生地に卵やオリーブオイルを練りこんで作られます。乾燥パスタに比べて茹で時間が短くて、もちもちした食感が特徴です。

 

 

-未分類

Copyright© イタリアン入門 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.