イタリアンに関する知識を基本からご紹介します

イタリアン入門

*

未分類

イタリアンとフレンチの違い

更新日:

わかるようでわからないイタリアンとフレンチの違い。私たちはもともとこの二つをひとくくりにして洋食であるという認識であり、詳しくどのような料理がイタリアンで、どのような料理がフレンチが意識していないですよね。
今回は、そんなイタリアンとフレンチの違いについてご紹介します。

・イタリアンはシンプル?フレンチは複雑?

イタリア料理もフレンチも様々な食材をふんだんに使って調理をします。肉や魚、野菜、フルーツなどありますが、イタリア料理は、素材の新鮮さと本来の味を重視している傾向が高いです。反対に、フランス料理は、ソースなどをよく使いますよね。素材の味も重視しながらも、そこに独創的なアレンジを加えて調理したものがフレンチであると言えます。つまり、イタリアンは、シンプル、反対にフレンチは複雑で凝っていると言えるでしょう。

・イタリアンは、オリーブオイル、フレンチはバターや生クリームをよく使用する

イタリアンと言えばオリーブオイルが思い浮かびます。オリーブとは、温かい気温のところで栽培され、やはりそこの土地の料理に良く会います。イタリアは地中海に面しているので、南部の方は、本当に温かい気候です。そんな気候のところでは、やはりオリーブをよく用いた調理が多いですね。炒める時にも蒸すときにも、そしてドレッシングや仕上げをする時にもオリーブオイルをよく使用します。
一方フレンチでは、オリーブオイルをよく使いますが、オリーブオイルがメインになるということはありません。基本的に、バターや生クリームを使用したソースなどを用いることもよくあります。

・メインである炭水化物の違い

イタリアンと言えば、パスタやピザというものがすぐに頭に浮かぶはずです。反対にフレンチは、何でもあり?のような感覚ですね。日本であれば、米やパンも主食になるけれど、やっぱりメインとなる炭水化物は、米ですね。そのような意味で言うと、イタリアンのメインは、パスタ、そしてフレンチではパンであることが多いのです。
イタリアンでは、パスタに新鮮な野菜やシーフードを入れて、オリーブオイルやレモンで味付けをしたものもよく食されます。反対にフレンチでは、ソースを使用した料理も多いので、残ったソースをパンに浸して食べるということもあるのですね。

・まとめ

わかるようでわからないイタリアンとフレンチですが、同じヨーロッパ圏内ですし、似通った食文化は少なくありません。しかしよく見るといろいろな違う食文化があるのですね。味わう時に、それを意識してみるとまたいろいろな発見が出来るかもしれませんね。

-未分類

Copyright© イタリアン入門 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.